野外民族博物館

リトルワールド、野外博物館

皆様、連日の猛暑いかがお過ごしでしょうか

私の最近の悩みは、毎日の寝る時から朝起きるまでの空調

をどのようにして過ごすかです

エアコンを完全に切ってしまうと、寝れない

エアコンをタイマーにしても締切っているので

暑くて起きる

窓を開けて扇風機・・・・・・論外

出た結論は、エアコンの温度を25度にして、微風で朝まで

掛けっぱなし!

寝起きはかなり体が冷えて少し寒いですが、喉も痛くなる

ことなく、なんとか過ごしております

今回は休日に犬山のリトルワールドに行きましたので、

その時のお話しです

僕は車を持っていないので、公共交通機関を使って

行くことにしました

栄の出入口すぐ

調べると栄駅4番出入口からすぐの場所にバスターミナル入口が

あり非常に便利です

空調の効いたバスターミナル

2階に上がりとバスターミナルがあります

栄からリトルワールドまで約50分です

結構ガラガラ

バスの中は平日のせいか空席だらけでした

高速を通り、山道を通り目的地へ向かいます

山の中は、かなりのデコボコ道の為、乗り物酔い

をしやすい方は厳しいかもしれません

広い入場ゲート

山奥まで進み、リトルワールドに到着です

広い敷地の中に世界各国の建物があるようです

それでは順に回って行きます!

最初は韓国エリア

まずは韓国の建物が見えてきました

食事ができるみたいなので、中に入ってみます

やっぱりチジミ

色々なメニューがありましたが、チジミとトッポギを注文!

韓国料理は好きで良く食べますが、

チジミもパリッとして中はふわふわで具も美味しい

モチモチ

トッポギも、モチモチで今まで食べたトッポギの中で1、2を争う

ほど美味しかったです

ドラマのロケ地みたい

男なのですが韓国ドラマが好きなので、ドラマのロケ地に来た

ようで楽しいです

門構えがしっかりした、いわゆるお金持ちの方の家です

韓国ではヤンバンという階級の高い方が住むそうです

タイの豪邸!?

タイのお金持ちのお宅でしょうか、階段を上がっていくかなり

広い家です

何部屋もあり、現地では結構いい家だろうなと思いました

でも、住みたいかと言われると・・・・無理です

太陽を追いかける

次の建物まで歩いていると、ひまわりを見つけました

最近は、見る機会もありませんでした

花を見るのも良いものです

自然に太陽の方を向くといいますね

トルコの建物

トルコの建物です

トルコのことを誤解していたようで、建物、調度品、全て素敵でした

ついでに、トルコアイスも食べました

アイスなのですが、トルコアイスは粘りがあって

逆さにしても落ちません

また、粘りがあって独特の食感ですね

舐めるというより噛み切る感じで食べます

美味しかったです

ドイツのフレスコ画

ドイツのフレスコ画です

壁に絵を書く発想は素敵です

猛暑の中、しばし感動して眺めておりました

ドイツの職人技①

職人技と言えば、ドイツか日本かと言われるそうです

建物の2階に上がるとドイツの職人芸が光る作品がならんでいました

ドールハウス、かなり古い時代の作品のようですが

当時の女性が虜になるのがわかります

ドイツの職人技②

鍛冶屋さんを精巧にミニチュアで再現した作品です

しばし眺めておりました

ドイツの職人技③

 

 

こちらはキッチンのミニチュアですね

ひとつ、ひとつ見てみましたが、本当に素晴らしいです

感動しました

僕はこういうものが好きみたいです

バリ行ってみたいです

行ったことはありませんが、バリのお金持ち?!の家です

凄い門構えですが、入り口が極端に狭いです

壁がありませんが?

中に入ってみると、ベッドなどがあるのですが壁がありません

暑い国なので、壁なしで過ごすのでしょうか

また、機会があれば詳しく調べてみたいと思います

第二の故郷

最後は、台湾のお宅を再現した建物です

台湾は好きで何度も行ったことがあります

皆さん本当に親日家で優しくしてくれるのを覚えております

何度行っても好きな国です

色々な国の建物を巡り、ちょっとした旅行気分になれました

想像した何倍も良かったです

また、涼しくなった秋ごろに行ってみたいと思います

7/14(土)~9/2(日)まで「ワールドかき氷&アイスフェス」

開催しているそうです

まだ、リトルワールドに行かれたことがない皆さま、オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください