梅干し

梅の写真

こんにちは。

いかがお過ごしですか?

私は、6月~7月にかけて生まれて初めて梅干しを作りました。

それも、11粒。

なぜ11粒かともうしますと、

にぎやか梅酒を作ったためです。

にぎやか梅酒とは、96歳の料理研究家、藤巻あつこさんが、

テレビで紹介した梅酒で、

梅と一緒に、同じバラ科の実を漬けた梅酒です。

にぎやか梅酒に使う梅は500g。

売っている梅は、1袋 1Kg。

500g余るので思い切って梅干しを作ってみようと思った次第です。

青梅が黄色になるのを待っていたのですが、

私の休みと梅が黄色になるのが合わず、腐ってしまい

11粒になってしまいました。

いざ、梅干しに挑戦

スーパーマーケットで梅干しの作り方のチラシをいただいて来て

その通り作ることにしました。

ジッパー付きビニール袋に梅と塩を入れ、冷暗所へ。

重しは、11粒なのでCD2枚。

毎日、裏返しました。

1週間ほどで梅酢が上がってきました。

こんな感じです。

梅干し1週間目

 

20日以上たったら、梅を3日間ほど天日干しにし、出来上がりです。

梅干し 漬け方②

保存容器に入れ、1ヵ月ほどすれば美味しくなるそうです。

梅干し できあがり

楽しみです。

が、初めて作った梅干し、食べれるかな?

おまけ・にぎやか梅酒

にぎやか梅酒は、最初、梅だけでつくります。

にぎやか梅酒①

氷砂糖が溶けたら、バラ科の実を入れます。

私は、プラム、ソルダムを使いました。

にぎやか梅酒②

この時、焼酎、氷砂糖も足します。

氷砂糖は、通常、梅酒に入れる量の半分ですが、

プラム、ソルダムの甘さが加わり、

とてもまろやかに仕上がります。

実家でも、昨年、とても好評でした。

今年も美味しくできるといいな。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください