Can’t Help Falling in Love

お酒がだんだん好きになる

皆様

いつもお世話になっています。

ハメ太郎です。

もう、以前の気温とは

別ですね…

つい先日まで、

半袖で名古屋市内ブラブラしていたのに

もう、ここ2,3日

ジャケットなしは無理です。サムイ……

と、つい先日、

しゃぶってきました。

え。。。

ハメ太郎…

 

 

 

 

 

 

今回、名古屋駅付近を探索していたハメ太郎。

風がすっごく冷たくて

もう、凍えうになった時、

JRゲートタワーに入ったんですが、

あそこ、いろんなお店有るんですよね。

県外の有名どころのお店などが

軒を連ねており、

よく、ここ最近ご利用させて頂いてます。

ここで、出逢ってしまったのが

六本木 豚組 〔しゃぶ庵〕

お酒がだんだん好きになる

あぁぁぁ…

温まれそう。と思い雰囲気で入店。

因みに、軽く入店って言ってますが、5組くらい待ちました。

後から情報ですが、

本店の、六本木も並ぶ日があるそうです。

それぐらい人気店なんすって、(・_・;)

今回は、

真ん中のコース選びました。

お酒がだんだん好きになる

ピュアポークと八幡平ポークの食べ比べ

お酒がだんだん好きになる

タレも奥から

塩だれ・フルーツポン酢・ごまだれ・そばつゆ です。

あと、

アンデスの岩塩の計5種類で

選んでたべるのですが、

まずお店の方からはアンデスの岩塩で楽しんで下さい。。。と

まぁ、言われるがまま、パクリと一口、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んんんんんんんんんんんんんん!!!!!!!!?

同じ豚でもこんなに変わるのか!?

ピュアポークは甘味がしっかりとしていて

八幡平ポークはしっかりとした豚肉のうまさに

もう、ハメ太郎ノックアウトです。

感激…

ただ、ハメ太郎が感動したのはここじゃなかったんです。m(__)m

馨和 ~KAGUA~

お酒がだんだん好きになる

何だと思います?

 

これ、ビールなんです。

なんで、ワイングラスでの呑むの?

と思うかもしてないんですが、

是非、ワイングラスで呑んで下さい。

もう、香りが違います。

原料に産地指定の“ゆず”と“山椒”や特別な酵母などを使用しており、

とにかくファーストインパクトが違います。

ビールっていう概念が覆されます。

『和』のビールをイメージしているそうで

空気に触れ、時間が経つにつれ

味に深みも出てきます。

ハメ太郎イチオシしは赤の

「馨和 KAGUA」Rouge

お酒がだんだん好きになる

大麦麦芽が多く、

ガツンと来るきりっとしたパンチが

味の濃い料理には合いますね。

白の

「馨和 KAGUA」Blanc

お酒がだんだん好きになる

は、香りもそうですが、

小麦麦芽が大麦麦芽の次に多く

ライトな口当たりでサラサラとした印象です。

これなら味のもっと繊細な料理だと抜群ですし、

女性には、飲みやすいのはこっちだと思います。

本当はもう一個

ホームにも載っていた黄色いボトルの

「馨和 KAGUA」Saison

飲みたかったのですが、

現在、名古屋には間に合っておらず、、、

六本木での限定案内…

悔しい!!

 

六本木に行きたかった(笑)

と、お酒を堪能した一時でした。

 

”好きにならずにいられない”

 

これからもお酒ネタに

すこーしずつ触れて行きたいと思います!m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください