野球

どーも、どーも!

床オナです。

今回はひたすら野球の話をしたいと思います。

僕は1990年から中日ドラゴンズファンです。

(現ドラゴンズ監督の与田が新人王の年からのファン)

どれぐらいファンかといいますと、信じられないぐらいのファンです。

そのへんのニワカファンとは違います。

小学校2年生の時からファンですが、漢字も野球用語から覚えたぐらいです。

勝敗表、首位、打率、本塁打、打点、得点、盗塁、出塁率、安打etc…

ほかにもたくさんありますが、全て習う前から覚えました。

 

いや~、最近のドラゴンズは球団史上最弱です。

6年連続Bクラスはいままでにない低迷っぷりです。

やはり投手陣がよくないのが原因です。

ドラゴンズは1997年にナゴヤドーム移転後は投手を中心とした守りの野球がウリでした。

にもかかわらず、最近は投手陣がことごとく打たれて負けるケースが目立ちます。

特に中継ぎ陣の投壊が多いです。

7回以降の失点がリーグワーストです。

当然逆転負けもリーグ最多です。

やはり強いチームは7回以降の投手がしっかりしています。

実際ドラゴンズの強い時代は中継ぎ陣がしっかりしていました。

有名なところですと浅尾、岩瀬がしっかり投げていた時代は強かったです。

優勝するには投手陣の整備が必要不可欠です。

いまの野球は勝利の方程式といって7回以降に投げる投手が決まっているチームが強いのがトレンドとなっています。

我がドラゴンズも7回以降の投手陣をなんとかしないと優勝は夢のまた夢です。

今年は与田監督がなんとか投手陣を整備してくれることを願うばかりです。

2011年以来のリーグ優勝を目指して今年はやってほしいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください