家で映画を観よう!【衝撃を受けた肉体系アクション編】

家で映画を観よう!【衝撃を受けた肉体系アクション編】

皆様、こんにちは!

今年のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか

不要不急の外出は控える、買い物は3日に1回など、

やはり自宅にいる事が多いですよね

自宅にいても、ストレッチや、筋トレ等はできますので体は動かした方がいいですね

そして軽く汗を流し、シャワーを浴びたあとは・・・・映画鑑賞!

ということで、今日も独断と偏見のハズレなしの映画ランキングをしたいと思います

今回は「衝撃を受けた肉体系アクション編」

映画好きの方は知ってるわ!という作品ばかりかもしれませんが

まだ観ていない作品があれば是非、観ていただければと思います

第5位:アジョシ

家で映画を観よう!【衝撃を受けた肉体系アクション編】

ウォンビン主演の韓国映画です

映像クオリティ、アクションのレベル、脚本レベル

全てにおいて日本の映画は足元にも及びません

いつなのか日本映画は韓国映画に追いつかれ抜かれました

ハリウッド映画のアクションは巨額製作費を投入しての

ドンパチがスタンダードですが、予算はかけずに

それに引けを取らないアクションシーンは圧巻です

今、韓国映画は日本の遥か上を行っています

アクション映画好きで、この作品を観ていない方は是非、ご覧ください

第4位:ドラゴンへの道

家で映画を観よう!【衝撃を受けた肉体系アクション編】

男性なら憧れている方も多い、ブルース・リー師匠!

難しい質問ではありますが、その中で1つの作品を選なら

好きなシーンが多いこの「ドラゴンへの道」を選びます

ブルース・リーが肉体を誇示するシーンが特に凄い

一見細身なのですが、恐ろしいほどの背中の広背筋!

どうしたらこんな

172㎝、65キロほどしかないのに圧倒的な肉体の迫力が半端なく

見るからに強いと思わせます

適当に戦っているわけではなく、自らが考案した截拳道

とういう総合格闘技がベースになっている為、格闘シーンに関しては言うまでもありません

他の肉体系アクション映画の格闘とは一線を画します

格闘技ファンに是非、観ていただきたい作品です

第3位:酔拳2

家で映画を観よう!【衝撃を受けた肉体系アクション編】

ご存知、ジャッキー・チェンの作品、酔拳ではなく酔拳2です

当時40歳のキレッキレのアクションが凄い!

年齢的に全盛期ではないのですが、年齢と共にアクション技術が磨かれ

劇中のアクションシーンは全てが素晴らしく、

鍛えぬかれた体は、ピークを過ぎてもここまでのアクションができると

感動すら覚えます

設定では20歳の青年の役なのでそこの違和感はご愛敬(笑)

第2位:マッハ!!

家で映画を観よう!【衝撃を受けた肉体系アクション編】

トニー・ジャー主演のタイ映画です

タイの映画と聞いて大丈夫と思う方もいるかと思いますが

想像以上のアクションに驚きます

ノーCG、ノーワイヤー、ノーススタントマンの

純度100%のガチンコアクション映画がこのマッハ!!!!!!!!

この作品を観る前、正直僕もタイ映画でしょ

と舐めていてダメ元で鑑賞したのを覚えています

「うそでしょ!」「半端ねぇ!」「ヤバいでしょ!」

その分、観た時の衝撃は凄まじかったです

アクション映画を観て、衝撃を受けたい方にオススメ!

第1位:香港国際警察/ポリス・ストーリー

家で映画を観よう!【衝撃を受けた肉体系アクション編】

やはり全盛期のジャッキー・チェンのアクションが最高峰ではないでしょうか

他の俳優と比べて、ジャッキーはアクション映画しかできない人であり、

そしてドンパチ系でない、アクション映画に関しては誰も敵わないと思います!

オープニングのカーアクション、デパートの30mのポールを滑り降りるシーン、

2階建てバスのアクロバットアクション等、30年前に肉体アクションの最終系として

既に完成されています

令和のアクション映画と比べても、全く遜色ない作品内容は素晴らしいの一言です

まとめ

映画にも色々なジャンルがありますが、アクション映画を観るとスカッとした気分になり

鍛え抜かれた体のアクション、危険を顧みずノースタントでアクションをしている作品を観ると

信じられない事を表現できる人間の無限の可能性に感動します

そして影響を受け、観終わった後は自らを鼓舞していつもより多めに筋トレをします(笑)

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください