徒然なるままに④

みな様こんにちは・こんばんは(‘ω’)ノ

夜の気温が高くなってきて寝る際の格好どうしようかと悩む穴ライザーです。

5月も半分終わり6月が目の前です。

6月になると感慨深いものがありまして・・・みな様この写真を見たことがあるでしょうか??

知らない人の方が多いかと思います。

 

小惑星探査機はやぶさ

この写真は小惑星探査機はやぶさが地球帰還の際に燃え尽きる直線に撮った最後の写真です。

はやぶさとは??

はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時、以下同様)に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機で、ひてん、はるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機である。

イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達し、その表面を詳しく観測してサンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億 kmの旅を終え、帰還し大気圏に再突入した。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンに、世界で初めて成功した。

当時、ネット界隈ではすごく盛り上がっており、帰ってくる姿を目に焼き付けようと夜起きて生実況を見た記憶があります。

 

この【はやぶさ】戻ってきた過程にすさまじい事故や故障が多く、その物語に感動し多くの擬人化した動画が作られました。

帰還当時はニコニコ動画全盛期の頃だったのでけっこうな数の動画でした。

正直今見ても泣けます。

ただの機械で終わらせるのではなく、擬人化して物語を作り出す日本の八百万の神の文化は素敵ですね♪

 

この【はやぶさ】を知ると日本の技術者たちの技術の高さと良い意味での変態さが伺い知れます。

日本人なら絶対知っていて欲しいことなので、少しでも興味がわいたら動画見て欲しいです(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください