家で映画を観よう!人生に影響を与えてくれた映画【後編】

家で映画を観よう!人生に影響を与えてくれた映画【後編】

皆さん、こんにちは!

梅雨明け間近、もうすぐ夏を迎えようとしておりますが

いかがお過ごしでしょうか

今回も前回に引き続き、後編として

「人生に影響を与えてくれた映画編」

独断と偏見で選ぶ、ハズレなしの作品をご紹介です

 

ショーシャンクの空に

家で映画を観よう!人生に影響を与えてくれた映画【後編】

 

【この作品に影響を受けた事】

「決してあきらめないこと」

「短期的では成し遂げられないことも長期的であれば成し遂げられる」

 

はじめて観たのは10代の頃でしたが、

40代になるまで何回も観返した作品です

最初にこの作品に出会ったのは、バイト帰りの閉店間際のTSUTAYAに

新作映画を目当てで駆け込んだのですが全てレンタル中!!

せっかく来たことだし何か映画を見たいと思い、

店長おすすめのポップが貼ってあるこの作品が目に止まり、手に取りました

もう1本面白そうな作品をを自分で選び2本借りたのを覚えています

※自分選んだもう1本の当時流行っていたVシネマ作品が大ハズレでした(笑)

無実の罪で刑務所生活を余儀なくされる主人公が、衝撃の結末を迎えるまで

なのですが、本当に衝撃でした

衝撃とは予測とのギャップが大きければ大きいほど起きるのだと思います

余りの衝撃にはじめて観た時の事をはっきり覚えています

夜中2時過ぎ、真っ暗の部屋で20インチのブラウン管のテレビだけをつけ、鑑賞していたのですが

最後のラストシーンで何故かガッツポーズをしていました(笑)

 

ALWAYS 三丁目の夕日

 

【この作品に影響を受けた事】

「お金があれば不幸をさけることはできるが、本当の幸せは買えない」

昭和30年代を舞台にした日本映画です

昭和50年代に生まれ、バブル後に就職をした世代として

今と比べて華やかさはないですが高度経済成長をしていく過程と

昭和の人の暖かい感じの世界観に憧れます

バブル世代に拝金主義を植え付けられ、

金を持っているほど幸せと思わされている世代として、

大切な事を気づかされた作品です

地震列島

【この作品に影響を受けた事】

「有事にこそ、人の人間性・本質が問われる」

この作品を始めて観たのは10歳の頃でした

只々、怖かったのを覚えています

それから20代になりTSUTAYAで発見!

昔観たことを思い出しあらためて鑑賞することに・・・

地震の怖さと、その時に自分がどこにいるのか、

誰といるのかによってドラマチックに物語が展開されていきます

主人公の男性は地下鉄で勇気ある行動することにより・・・

ハッピーエンドでない所がリアリティを感じました

そして震災など有事が発生した時にこそ、人間性が問われると思いました

僕自身も、年だけをとる大人ではなく、いざという時にこそ勇気を持ち

行動できる人になろうと思うのでした

まとめ

映画を観て、考えさせられている時、

少しでも何かが変わり、良い影響を受けていると感じます

これからも素敵な作品に出会えることを楽しみに

あらたな作品を鑑賞して行きたいと思います

マジメかっ(笑)

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください