シネマ大事典を買ってみた

シネマ大事典を買ってみた

皆様、こんにちは!

今年は雨がよく降りましたが、まもなく梅雨明け宣言と言った感じでしょうか

雨の日は、自宅で過ごす方も多いのではないでしょうか

僕は自宅で過ごす時は、もっぱら映画がYouTubeを観てます

テレビは、ほぼ観ません

昔はテレビっ子だったのに完全に時代の流れですね

最近思ったのが、観る映画を選ぶ時に偏っているのではないかということ

・昔観て気に入っている作品を何度も観る(これはこれで良いのですが・・)

・恋愛ものは観ない(他人の恋愛に興味がないのです)

・怖い映画は観ない(ホラー映画グロいのは苦手です)

そんな感じで偏った作品選びにより、いい作品なのに出会えていない作品が

あるのではないかと考え今回、購入したのが・・・

シネマ大事典

シネマ大事典を買ってみた

映画好きとして、1冊は持っていて損はないと思い買ったのですが

半分は表紙のアル・パチーノがカッコいいので表紙買い!

576ページ、分厚くてずっしり重いのが所有欲を満たしてくれます

中を見ると・・

シネマ大事典を買ってみた

古い作品から順に紹介されています

一通りさらっと読んで、今最初から熟読している感じです

ボリュームが半端ないので読破までは少し時間がかかりそう

日本の作品も載ってます

シネマ大事典を買ってみた

外国人の方が著者ですが「千と千尋の神隠し」が紹介されています

さすがスタジオジブリですね

ジャパニメーションは世界に誇れる素晴らしい文化ですね

年代別の歴史

シネマ大事典を買ってみた

年表を見ると時代の流れから作品を知ることができます

国別に見ることができるのですが、ハリウッド映画が常に、頭一つ先を行っている感じ

国別の作品

シネマ大事典を買ってみた シネマ大事典を買ってみた

アジア映画、ヨーロッパ映画、アメリカ映画等

国別の歴史と作品の紹介が充実!

モノクロ時代の映画が充実

シネマ大事典を買ってみた

何故かモノクロ映画の紹介が充実!

半分以上、モノクロ映画が占めています

いい機会なのでモノクロ映画を極めたいと思います

まとめ

5000円しない位なので映画好きの方にはオススメの一冊!

紹介されている作品の見どころから、制作当時の裏話も書かれていて結構、読み応えがあります

ただ、最近の映画は少ないのがちょっと残念な感じですが・・

この本を活用して作品選びの視野が広がるかも

今度の休みは気になる作品をピックアップして何本か観てみたいと思います

それではまた!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください