続・独断と偏見!魔羅太郎に続け!乗りたい車ランキング

皆さまこんにちは(^^)/

 

前回魔羅太郎さんが700万円台で乗りたい車ランキングをおこなっていたので

現在車の購入を検討してるなま次郎も参戦したいと思います!

自分の場合ランキングじゃなくて乗りたい車(もちろん現実的な維持費等も考慮しております)

ただ、中には現状検討している車種(もちろん中古車ですが・・・汗)もありますので

かなり独断と偏見と贔屓と願望も乗せられてるので

徒然なるままに書いていきます!

ランドローバーディフェンダー

 

 

 

 

 

 

 

これ魔羅太郎さんも書いていたのですが

GクラスやレクサスLXに対抗できる唯一庶民が購入できる!

新車乗り出し540万円~という尋常じゃないくらいコストパフォーマンスが高く

またリセールもかなり期待できる(おそらく3年乗って70%強?)

ディフェンダー先輩!あまりの人気っぷりに納車は1年半待ち!(電話にて確認済)

これかっこいいっすよね^~^

あまり邪な気持ちを持って車を買いたくないがなんといってもリセール半端じゃないのがすごく魅力的!

現状中古車市場にあまり数も出回っていないため、なんとプレ値になっております(+150万円程)

1年半待ってでも購入する価値は非常にあります!!!!

 

アルファロメオ4c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔羅太郎さんは若干年齢がいっているので

まだナウなヤングの自分にはこれくらいスパルタンな車の方が好みです!

この車たまーに市内で走ってるの見ますが

2000cc以下のエンジン音じゃないです・・・

車体も1100kgくらいなので

おそらく尋常じゃないくらい燃費もいいし

快適装備も一切ついていないので故障も少ないはず!!!

そして特筆すべき点としてはカーボンファイバーモノコックで

およそ重量は65キロ!!!

なんで足元の板一枚挟んですぐ地面という

セレブリティなゴーカートになります。

※現在生産もしていないので、完全受注生産だったらしく台数もかなり少ないです

リセールもディフェンダー位いくのではないでしょうか???

はい次!!!!

メルセデスAMG C43 COUPE

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、現在私が購入を検討している車種です(もちろん中古車です)

今のCクラスクーペのシルエットがすごく好きというのもあるんですが

なんといってもAMGブランド憧れてました!!

これはV8モデルはないのですが

車体1700kgに馬力は390馬力!それになんと4マチックなので

安心の四輪駆動です!!!

AMGですが現行のメルセデスですので

おそらく故障もそこまでないとは思います!!!(希望的観測)

ハイ次!!!

W124 AMG E60リミテッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず先に・・・

買えません(^^;)

世界限定50台とされておりますが

なんと真っ赤なウソで12台しか生産されておりません

数年前にカーセンサーで900万円で販売されているのをみて

実家を質入れしても買うべきだったと今でも凄く反省してます(オイ)

これ特筆すべき点としては当時ポルシェラインという500Eが販売されており

ナニからナニまでポルシェが監修したというありがたいEクラスがありました

現在でも一定の相場があり状態が良いもので1000万円以上します

ただ、さらにポルシェとAMGが監修したとこの2つのビッグネームになると話は更に変わってきます

受注生産中の受注生産

受注生産に愛されて全受注生産に愛された至極の受注生産(しつこい)

今後相場はビットコイン並みに上がっていくのは必然なので

家を売ってでも見かけたら買いましょう(おそらく日本に何台かあるはず)

 

W126 AMG 560SEL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バブル時金満王国だったJAPANが一番走っていたとされる560SELハンマー

そう今ではプレミアムAMGとして現状も一定の人気があります(相場も年々上昇してます)

今ではほとんどが海外に飛び立っていってしまったといいます

これ乗っていたらめっちゃくちゃ渋いし、只者じゃないオーラーが半端ないですよね

当時の価格も破格の2455万円也!!!!

ごりっごりのAMGで完全手作りなので個体差も凄いあるといいます

僕が金満政治家になったら是非とも乗りたい一台になります!!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください