こんにちは

みなさま、こんにちは
お仕事、お疲れ様です
雲ひとつない青空が広がっています
風も心地よく、やっと春らしい装いになりました
黒が中心だった服装から、淡い色に変わり
着ているものが軽くなったのと同時に
気持ちまで・・・軽快に歩けます
そういえば
春休みで賑わっている長嶋スパーランド
なんと
ジェットコースターが高さ30mほどの位置で
停止したようですね
最近、デビューしたばかりの嵐~ びっくりです
自分だったら、気絶していたかも・・・
極度の高所恐怖症
(男のくせに~とよく言われますが)
琵琶湖にある人気のお洒落なカフェ
絶景の中、お茶できる至福の時
あぁ~行ってみた~いと思いつつも
ゴンドラに乗らないと行けないがために断念!
どんだけ~?
そんなこんなで、ニュースでの映像を見ただけで
ゾクッとする、身体と反する自分です
以前から気になっていた、ご飯を頂きました
あまり聞きなれない鰻ご飯のぼく飯です
それも、提供しているお店が殆どないんです
ぼくと言うのは
大木のように太く成長し過ぎて出荷できない鰻を
家庭料理だったり、賄い飯として頂くよう
お昼時におじゃましましたが、すんなり
席に着くなり、先ずはお決まりの
14911911130.png
鰻のタレのいい匂いにそそられ、お腹ペコペコ
メニューは、こちらのみ↓
14911911460.png
迷うこともなく、今回の目的でもある
「ぼく飯膳」を・・・
お重に入って、運ばれてきます
14911910970.png
開ける楽しみもあって、ワクワクしますね~
中には
14911910570.png
照りのいい食べやすく刻まれた鰻
ご飯にタレがしっかり染みわたっています
薄切りゴボウも、よく煮詰められていて
ゴボウなのか分からない飴色状態
薬味のネギの風味も加わり、一層美味しさアップ
ペロッと完食です
そして「肝吸い」
14911910850.png
お出汁がきいて、ホッとする
肝の独特の苦味もなく美味しい
やっぱり、鰻には肝吸い 楽しみですよね
美味しかったぁ ごちそうさまでした
うな重もいいですが、お手頃に頂けて旨い
念願のぼく飯~ 本当に伺えて良かったぁ
あまりの美味しさにお土産に家庭で簡単に作れる
ぼく飯の素を購入しました
真空パックになっています
このように、丁寧に調理方法が貼ってありますよ
14911911590.png
実際に一から作るとなると
材料も鰻とゴボウのみと少なく簡単そうですが
生の鰻から煮込むようなんです
かなり、難しく経験が必要かもしれませんね
それでは
ぽかぽか陽気です
最高気温も20℃のよう
素敵な午後を過ごされてくださいね
引き続き、よろしくお願いします
今日のお店
店名 うなぎ処 舟宿
住所 静岡県湖西市新居町新居1217‐7
TEL 053‐594‐3159

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください